フランス語会話701-800

800!!! 03月13日(金)
Coucou!み~さです。


roti
(ろティ)

→ロースト


poulet roti(プレろティ)→ローストチキン
roti de porc(ロティ ドゥポーr)→豚のロースト

などで、よく使用されます。


海岸で、日に焼けていると、
T'es bien rotie.→よくローストされてるね。(焼けてるね)

と、夫によく言われるのですが、今確認したら、
彼が勝手に言ってるだけで、正式なフランス語の表現ではないそうな…。む。


オリジナリティが出したい場合にどうぞ…♪

---
poulet →鶏肉
roti→ローストされた
porc →豚肉

---
テキスト形式ではフランス語のアクソン、セーセディーユ等
付けられないため略してあります。
→roti の o にアクソンシルコンフレックス(帽子)が付きます。


---
【12秒発音ルンバ♪】

60.<p>と発音。

trop epais(トろぺぺ)→厚すぎる ※eにアクソンテギュー
~~~

---
PS.
再び、13日の金曜日です♪
と同時に、今日で、メルマガ800回です!!
だから~?

という感じですが、1000回まで、がんばりたいと思います♪


PS2.
たまに、育児って趣味?、と思うことがあります。

娘が生まれてから、着せ替えに凝って、「お金のこと考えてよ!」と夫に言われたり、
卵なしのおやつのみ!を、毎日作り続けたり、
木のおもちゃに凝った時には、わざわざドイツから取り寄せました。
(支払い方法がドイツ語で書かれていたので、意味が分からず、
放っておいたら怒られた。当たり前か。もちろん娘は余り遊ばず。)

一瞬だけのめりこむけど、自分中心で適当な感じが、まさに趣味。


最近は、絵本、にはまっています。
一年位前から、娘は話を楽しんで聞くようになってきたので、
寝る前に、本を読んでいるのですが、その時間が意外と楽しいです♪

日本で、私が子供のころ好きだった、とある本を買ってあげたら、気に入って、
朝、一人でその本を静かに眺めているのをみたときに、
異様に感動(満足?)してしまいました~。


パリでも出来る範囲で、いろんな本を見ていますが、やはり、
子供のころ私も購読していた(って、私は払ってないが)福音館の本が、
読んであげると反応もいいし、自分も読んでて楽しいです。

月刊誌の購読で、外国に配送も、安くやってるよ!と、
友人が、福音館のサイトを教えてくれたので、早速、注文したい!
と、燃えたのですが…。


海外配送は、船便のみ、というのはまあ、いいにしても、
(400円の本に、1000円の配送料を払う人は、余りいないと思うし♪)

サイトからの注文は、国内のみで、海外からの購読は、
直接電話をしないといけません。
便利さからいうと、なんとなく逆な気が~。


しかも、受付も17時まで、なので、こちらの朝一番で、
はりきって、かけないといけません~。(もちろん、はりきった)

ら、支払いはカードはダメなので、日本の代理人からの振込みだけ、
この後の連絡は、海外ですので、FAXになさいますか?

といわれました。


今時、ファ、FAXって…。
この、すべてにおいて、アナログな感じの精神が、
いい作品を生み出し続けている、秘訣なのか?
と、微妙に納得~♪(?)
(結局、メールでもOKでしたが)


それでは、Bon week-end!!

Coucou!み~さです。


cocotte
(ココットゥ)

→シチュー鍋


ココット料理、などと、日本でも使うようですが、
メニューに出てきたら、小さいココットに、
なにやら入ってる場合が多いです。(卵とか)


同時に、ココット♪、と、女性に対する親しみを込めた呼びかけ。
な使い方も、存在します。(Au revoir, ma cocotte♪など)

夫の、母に会ったばかりのころ、よく、こう呼びかけられていたのですが、
最近は皆無です。
一体何が、変わったのでしょう?


---
【12秒発音ルンバ♪】

59.<n>と発音される

un ami(アナミ)→友人 
~~~
en Italie(オニタリー)→イタリアで
~~~

---
PS.もうおしまい!郵便事情…。

結局、荷物、うちに持ってきてもらえました。
異例の、再配達、だったようです。いろいろ考えた結論?
あのしつこい詳細な説明が、功を奏したのでしょうか。
(詳細とは→ http://archive.mag2.com/0000142343/20090219083000001.html )


とはいえ、2度も郵便局に、ベビーカーを押していって、
列に並んで待ってしまったので(はりきりすぎ)、
時間の無駄、という観点では、かなり無駄でした~。
(でもスポーツだったのでOKですが。涙)

結局、ちまちまサイトなどチェックしないで、
ど~んと待ってるだけが、よかったようです。
が、次回もそれでよい、という保障はない…。


PPS.ついでに、フランスのアマゾンで注文した本、
配送しましたメールから1週間たつのに、まだ届いてません…。
ここはモスクワかっ!!

(↑以前、モスクワにいた友達に送ると、手紙はたまに届いたが、
何か物を中に入れると、必ず、紛失していました)


Coucou!み~さです。


porc
(ポーr)

→ポーク 豚肉


日本で使ってる言葉と、ほぼ同じなので、
メニューをみた時、推理できるかも。とも思います…。
(今週の配信は役たたず)


でっかいポークの塊が食べたいわ♪と言いたくて、
gros porc(グろ ポーr)を使用すると、

「汚らしい、好色な豚野郎が食べたいわ♪」
という意味になってしまいます…。


↑実話
以前、「あ、そうだ!今日は、好色で不潔なデブ野郎を買って帰らなきゃ!」
と、職場で宣言して、大笑いされた私…。

---
gros →太い 大きな
porc→豚肉

---
【12秒発音ルンバ♪】

58. <t>と発音される。t、d、の後に…。

c'est a moi.(セタ モワ)→それは私のもの ※a にアクソングラーヴ
~~~
un grand ami(アン グろンタミ)→大の友人 
~~~
un petit ami(アン プティタミ)→恋人
~~~

---
PS.
バカンス中に、そうだ~、この暇な機会に!と思い、
オペラ座界隈にある、幼児用日本語のクラスに娘を連れて行ってみました。

以前、話をききに行った時には、「日本の幼稚園のようなことをする」
と、言われていました。
フランスの現地幼稚園がお休みの、水曜日と土曜日にクラスがあります。


日本語を話す友達も、できるかもしれないし~。とも、
密かに思っていましたが、他の子はバカンス&風邪とかで、
来ていた子供は、なんと、娘一人…。

しかも今回は、初回お試し、ということで、こちらは無料だったし、
彼女さえいなければ、先生はお休みできたのでは?
って感じで、事実を知らされて、申し訳ない気がしていました。


が、先生が来てみたら、すご~く、優しくてプロ!という感じの先生で、
「一人だけなのに、すみません~」なんて、言ったら失礼なくらい、
一生懸命、娘に話しかけてくれていました。


親は、入り口でさようなら!という感じで、様子は見れなかったのですが、
ひらがなや、日本の歌を歌ったり、お話を訊いたり、
個人レッスン、充実していたようです。

しかし、何よりも、心を打たれてしまったのは、
娘が描いた絵日記の上についていた、花丸。
ペンの色といい、花丸の形といい、私の幼少のころ、そのまま…。ジーン。

ほんのちょっとでも、本場日本っぽいものに触れてもらえたら、
楽しいかも~。と、思いました。(私が?)


彼女も外面よく、1時間半、がんばったようで、
家に帰って、DVDを観ながら、何か文句を言ったな?と思ったので、
なに?と訊いたら、もう寝ていました。笑


Coucou!み~さです。


poisson grille
(ポワソン グりエ)

→焼き魚


魚、にすると、あまりフランスチックでないかもしれませんが、
grille は、グリル(網焼き)されたもの、という意味。


話し言葉で、
Je suis grille!
(ジュ スィ グりエ)
というと、

もうだめだ~!ばれちゃった!のような、意味になります。

こうつぶやく逃走犯をかくまった時、
気を利かせて、やけどの薬を渡さなくてもOK♪

---
poisson →魚
grille →網焼きされた、正体がばれた、足をつかまれた
Je →私
suis →動詞etre<~である>の第1人称単数現在形


---
テキスト形式ではフランス語のアクソン、セーセディーユ等
付けられないため略してあります。
→grille の e にアクソンテギュー(右上がりのアクソン)が付きます。
→etre の e にアクソンシルコンフレックス(帽子)が付きます。


---
【12秒発音ルンバ♪】

57.<z>と発音するリエゾン~。

Ils ont(イルゾン)→ 彼らは持つ
~~~
les enfants(レゾンフォン)→子供たち
~~~
beaux-arts(ボザーr)→美術 
~~~
mes amis(メザミ)→私の友人たち 
~~~

---
PS.
先日、5歳の子の誕生日会に、お呼ばれしたのですが、
娘(3歳半※)よりちょい年上の5,6歳の子、満載でした。
   

このくらいの子は、口も立つし、生意気ですね~~!!
特に、votre enfant(あなたの子)が何々したんだけどぉ~~!、等

大人びた口調で、娘の悪口を言われると、
大人気ないとは思いつつ、ムカついてしまいます。
(せめて、名前を使えぃ!)


もう、そんな事をするなら、帰って欲しい!
などと、娘が言われた時は、(一体なにやったんじゃ!)
まじで、喧嘩しようかと思いましたが、

そして、負ける気もしませんでしたが、やはり、ぐっと思いとどまりました…。


相手は、こんな口調で話しているとはいえ、まだ、小さい子なんだから…、
と、自分に言い聞かせ、にこやかに対処し続けましたが、同時に、

これが、お、大人になるということ?と、妙に納得しました…。(アホ?)



※単に3歳なんですが、3歳半(3 ans et demi)、 と、
厳密に(?)言うのがフランス流。
多分、5歳くらいまで??(30歳の人には使わない)



PS2.まだまだ続く?トホホ郵便編。

家に持ってきていただけなかった日本からの荷物ですが、
わざわざ、娘のベビーカーを転がして、郵便局に取りに行きました。

ら、なぜか「ない」といわれました。涙。
そして、今日、配達する予定らしいよ!と。ホントかい。


で、家に帰って、クロノポスト(EMSのフランス側の担当会社)
のサイトで、確認したら、
「どうすればよいかを模索中」と出ていました。
なんじゃ~そりゃ!!


模索せんで、もってこい!!

---
☆料理関係のフランス語は、み~さの12秒フランス語(446-450)にも!
コチラから♪

http://archive.mag2.com/0000142343/20070305083000000.html
http://archive.mag2.com/0000142343/20070306083000000.html
http://archive.mag2.com/0000142343/20070307083000000.html
http://archive.mag2.com/0000142343/20070308083000000.html
http://archive.mag2.com/0000142343/20070309083000000.html
Coucou!み~さです。

今週は、フランス語のメニューの解読に便利な言葉!


mijoter
(ミジョテ)

→とろ火で煮る。


まあ、お肉や、魚の名前を知らないと、どっちにしろ、
なんだか分かりませんが、

これが出てきたら、「何かがとろ火で煮てある」という意味です♪
(意味ない?)


また、

Qu'est-ce que tu mijotes?
(ケスク テュ ミジョ↑ットゥ?)
→何をたくらんでるの?

のように、話し言葉で、「密かに企む」。のような意味もあります。
特に、突然、夕食のメニューを訊かれてるわけではありません~♪


---
Qu'est-ce que →何を
tu →君
mijotes →動詞 mijoter<とろ火で煮る、密かに準備する>の
第2人称単数現在形

※読み仮名のアクセントが来るところに、↑を入れてみました。

---
【12秒発音ルンバ♪】

今週から、リエゾン。についてです~。


56.リエゾンとは

語頭が母音の時、直前の普通は発音されない子音が、
その母音とくっついて発音される。

例えば…。

mes copains(メ コパン)→私の友達
~~~※メと読む。

mes amis(メザミ)→私の友達
~~~~~※メアミではなく、mes の s が amis の a とくっついて読まれる。


---
PS.
おひさしぶりです~。お元気ですか??


娘の幼稚園がお休み中、
娘とずっと一緒にすごしていました。

バカンス前は、自分の時間が全くなくなる!!
あれも、これも、早く済ませたいのにぃ~!と結構ストレスだったのですが、
いざ過ごしてみると、意外と楽しく快適でした♪
娘の日本語も、上達したような気が…。

一方、私の方は、スローライフ癖が~。


休みの間、少なくても、
モンテッソーリ風に、子供部屋だけは片付けよう!
と思っていたのに、やったのは何故か、
冷凍庫の霜取りだけ。(でも、ふんわりとした充実感)


後は、調子に乗って、お菓子を作りすぎた所為か、
ダイエットしてるはずなのに、体重が増えました。


PS2.
先日お知らせした、フランス郵便事情、
住所のほかに、いろいろ自分の家のドアまでの詳細を書くといいかも♪
と書いた件ですが、

一昨日、みごと、届きませんでした。涙


私は家にいたし、アパルトマンの管理室も開いていた時間なのに、
サイトに、「不在届けを残すことすら不可能な状態であった」と、
偉そうに出ていました…。
そりゃ、想像で来ただけなら、不可能だろうよ~!


もう、腹を立てたら負けな気がしたので
(ネットのあらし(死語?)に反応すると喜ばれる!みたいな)、

郵便局に引き取りに行くのは、スポーツ(?)、と思って、
喜ぶことにしました。うぅ。