982 10サンチームのコイン!!

Coucou! み~さです♪

7歳児のフランス語!第2回。


Une piece de dix!
(ユヌ ピエス ドゥ ディス)

→10(サンチーム)の硬貨を一枚!(をくれ!)



フランスで、下品なので言ってはいけない!
と言われている言葉は、gros mots(グろも)といい、

詳しくはこちらより

http://archive.mag2.com/0000142343/20110722113000000.html


うちの、フランス方の家族は、
子供のしつけのために、このグロモを言うと、
10サンチーム払う。というシキタリ?になっているのですが、

誰かが(主に夫)が言うと、娘がこう叫びます。



先日、上の娘が、友達と遊んでいた時に、
「ママ~!○○がグロモを叫ぶんだよ!!」

と、言いつけに来たのですが、

ち、面倒な。子供同士で解決してよ!
と思いつつ、「なんて言ったの?」
と聞くと、元々発してはいけない言葉なので、

「あれ」とか「ほら」とか要領を得ない。


いいからちゃんと言いなさいよ!と無理やり言わせる親も
なんだかなと思いますが、
別に、私と日本語を話している時はそれ外国語だし!!(ダメ?)


最終的にごく小さい声でその言葉をポロッと囁きましたが、
「ねえ、これでも10サンチームあげなきゃダメ?」


と、寂しそうにに私の顔を見上げておりました。ぶっ。


モラルというより、お金(しかも12円くらい?)か~!
ま、硬貨、いや、効果はあるようです…。

---
Une →一つの
piece →コイン 硬貨
de →~の
dix →10
(10コインといえばサンチームしかないので、単位は省略)

---
※アクソンなどは文字化けするので、省略しています。
pieceの一つ目のeにアクソングラーヴ(右下がりのアクソン)
が付きます♪

---
PS.
あれ、12秒フランス語の本文が、PSのように、
長くなっていました。

寒さで、頭がいかれているのでしょうか?(人の所為)


10日ほど前の週末、たくさん雪が降りました。
パリにしてはまあ、珍しいので、
子供たちは、大喜びでした。

スクーターで仕事に行った夫は、途中で帰ってこれなくなり、
(暴れ馬のように、右に行ったり、左に行ったり、操作不能だったらしい。くく。)
身も心も?アイスマンのようになり、徒歩でたどり着きました。



でも、一番つもったのは日曜日だったので、
出かけない、と決めれば、真っ白で綺麗だし、

アパートの中庭で、雪だるまを作り、
退屈な日曜日の一活動になったのでよかったです。

しかし、さみ~~!

neige2


珍しく真っ白でした~。スケート中?

neige1


人生二度目の雪だるまを作った上の娘、と
たぶん何も覚えていない下の娘。

翌日見に行ったら、このちょうど真ん中に、
三個目の雪だるまが出来てきました~。


(※今週のパリは、寒さは和らいでいます♪)


---
☆メルマガ「み~さの12秒フランス語」ご登録・アドレス変更、バックナンバーは
http://archive.mag2.com/0000142343/index.html
フラ語友達にも、是非、ご紹介下さい♪




☆<み~さ著・好評発売中!>
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html
お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html