988 今日のあたし、全然キレイじゃない~!!

Coucou!!み~さです。


「(ツイッターなどで、)パリジェンヌがよく使うフレーズ!」←変更
第3弾。


Je suis trop moche aujourd'hui!
(ジュ スィ トろ モッシュ オージュrデュイ)

→あたし、今日、全然キレイじゃない~!!

そんなことないよ!
という、突っ込みを強く期待しているのは、
フランス人も同じ。(それ以上?)

てか、「今日」って、い、いつもはお美しいのでしょうか?


…などと、細かいこと、人目、などは気にせず、
しらっと発言するのがフランス風。

初めはツイッターで使うフレーズを追うつもりだったのですが、
なんだかずれてしまいました。

ので、テーマもちと修正させてくだいませ!!


---
Je →私
suis →動詞etre<~である>の第一人称単数現在形

trop →~すぎる、マジで(tres<とても~>の砕けた言い方)
moche →醜い
aujourd'hui→今日

---
文字化けするので、アクソンなどは付けていません。
→etreの始めのeにアクソンシルコンフレックス(山形アクソン)
が付きます。

---
PS.

お久しぶりです!!

配信がちょっと空いてしまいましたが、
一体何をしていたかというと~。

4月の新学期に合わせたい!!!と、
あるものの仕上げをしておりました。


寝食わすれての作業でしたので、
メルマガもちょっと書けませんでした。(いいわけ)

そのあるものとは~~。

ジャジャ~~ン!


「1日12秒!初歩フランス語文法マスター!」

という、キンドル本です。


はあ~?


キンドル本とは、私が理解している所によると、
アマゾンから購入できる電子書籍のことです。
そして、キンドル本体はもちろん、スマートフォンや、
iPadなどからもご覧いただけます♪


随分前にメルマガで配信しました「12秒文法ボンバー♪」
をもとに、加筆し、再構成したものです。


全部で155レッスンほど。
(毎日1レッスン、12~30秒くらいのボリュームでしょうか)

コレが終われば、フレーズ集などの文法が、
大体分かるくらいの文法を網羅しています。

お試しもできますので、まずは、ちらとでも
ご覧くださいませ~~!!


もくじなど、詳細はこちらより♪

「1日12秒!初歩フランス語文法マスター!」
http://miisa12.com/rac/bunpo12.html


本編は今のところ100円です。


新学期、気分新たに、
「今年こそフランス語文法ちょっとでもやろうかな~」
なんて思われてましたら、大変おススメでごんす♪

PS2.
先日、上の子の「通信簿をもらう&担任の先生と話す会」
がありました。

「16h30から18h30」と書いてあったので、
しょうがないなあ、といろいろやりくりして
16h30になんとかたどり着いたら、


「は、早い!」と驚かれました…。シーン。

その間に行けばよかったらしい。ならそう書いてくり。

&先生は、自分のコーヒータイムが取れず、
時間どおりに行ったら、かえって迷惑だった模様…。涙。

成績表を貰った後、個人的に先生とちょっと話したのですが、
うちの娘はとにかく、「読むのが苦手。もっと頑張れ。」

ということでした。

先生は、日本語もやっているからしょうがないのだけど、
と一応理解は示してくれていましたが、

「はあ。でも、日本語でも話すのは平気だけど、
読むのはそんなに得意じゃないので、読むこと自体
彼女の得意分野ではないのかも」


と、普段の自分の不安を交えて正直に言ってしまったら、
「え?そうなの?!日本語はすごくできるのかと思った!」

と驚かれてしまい、しまった~~~!!しゃべりすぎた~!!
絶望させた??!あたしが悪いのか~~?!

と、ちょっと狼狽。
今思えば、なんや事実が変わるわけではないですが…。


まあ、とにかく、音読し慣れてもらわないといかん、
ということで、

夫はフランス語の読みの特訓、というか、
「毎日音読週間」を強化致しました。
その前から言われていたことなので、一応努力はしていたが、
それが足りなかったということで、必死な夫。

なんでもいいから!と、アステリックス(←まんが)なども
与えています。

そうしたら、いつもは本を読んでも絵ばかり見ていた上の子、
字もヒマな時間に読んでいる。

普段は○○ごっこ。など、文字と関係ない世界で生きているので、
そんな風景はあまり見たことがなく、ちょっと感動。


したと同時に、「ああ、これで、また、フランス語ばっかり強くなっちゃう」
と、ますます不安をためてしまった私ですが、
彼女の大事な社会的言語?の邪魔をする訳にもいかず、ジレンマでした…。
(時間も彼女のやる気も考慮すると、両方バッチリとはなかなかできない)


ら。

昨日、夕食の支度をしながら「ちょっとお話読んでよ!」
と、努めて聖母風に日本語の教科書の音読をさせていたら、

なんだかいつもよりはスラスラ読んでいる。

「もしや、覚えてるの?」

と聞いたが、そんなことはないらしい。

へぇ~~~!!


「読む」、というのは、言語が違っても、慣れれば
慣れるものなのでしょうか?らっぴ~!

それならば…、

日本語ができればフランス語の役にも立つよ!!

と、なんとか力関係の立て直しのために利用できないかと
模索中です。

---
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html

お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html