990 あの女の化粧してない顔が見てみたいね。

Coucou!!み~さです♪


twitterでも使える!
「パリジェンヌ的フレーズ」最終回~!


J'aimerais bien la voir sans maquillage elle!
(ジェムれ ビヤン ラ ヴォワーr ソン マキヤージュ エル)

→あの女の化粧してない顔が見てみたいね。


最後に、ちょっと怖いけどやっぱりありそうなフレーズを。

もちろんお互いさま、ということは置いておいて、
ということだと思いますが…。


心の強さ?といい、主題といい、
パリジェンヌになりきるには、便利なフレーズ。
機会があったら使ってみてください♪

---
J'aimerais →je + aimerais(jeの直後に母音が来るとj'に)
je →私
aimerais →動詞aimer<~が好き>の第一人称単数条件法
j'aimeraisで、~がしたい、~が欲しい、を表す。

bien →よく 
la → 「彼女」を示している
voir →見る

sans →~なしで
maquillage →化粧
elle →彼女 (あの女!みたいなニュアンスで付けたしで)


---
PS.
このメルマガを2004年に始めて、
途中時々お休みしつつ、そして、最近は配信も少なくなりましたが、
細々と続けてまいりました。

不定期な発行にもかかわらず、
こうしていつも読んでいていただけていることを、
大変感謝しております。


そしてこのメルマガも、そろそろ1000号!になります。

まあ、一回12秒なので、1000回でも
大した分量ではないですが~。


しかし、1000号にもなると、重要表現もすでに出てきていたり、
なんとなくマンネリ化…?を感じております。


さらに私事ですが、夏を過ぎたら、
下の子も幼稚園(幼児学校?)に入るので、
今よりは私も時間に余裕ができるのではないか?
と思われます。

そこで!!


この「み~さの12秒フランス語!」も、夏以降、
バージョンアップして、お届けしていきたいと思っております。


ぜひ、ココに、品質改善のためのアンケートを
取らせてくださいませ~~。


こんなメルマガが読みたいっ~!、
こんなネタを取り上げてほしい、
こんなコーナーを作ってほしいっ!!
こんな話がききたい!などなど、


そ、それはちょっと、実現不可能では?!なものから、
明日にでもサクッとできそうなこと、

なんでも結構ですので、
是非、ご意見をお聞かせください~~。


アンケートフォームをこちらに作りました。
皆さまの力をおかりして、一緒に
役立つ&面白いメルマガを作っていきたいと思います~。

よろしくお願いいたします♪


パソコン用フォームURL
http://miisa12.com/rac/formpc.html


携帯電話用フォームURL
http://miisa12.com/rac/formkeitai.html

---
PS.2

上の子が生まれてよちよち歩きだったころ、
トイレにまで常についてきましたが、

自分の分身のようなものだったので、
そのまま普通にくつろいでいました。


が、しばらく大きくなると、やはりじゃま。
平気でガチャ!とドアを開けて、

「ねえねえ。」

と話しかけてくるのですが、
それが頭に来る!(当たり前か)


「一人にしてあげるものです。」と教えても、
どうしても癖が抜けないみたいで、
「ねえねえ」と話しかけてくる。

しかも、ただでさえおしゃべりな子なので、
話が長い。


最近は容赦なく、
「たまには一人にしてよ!!」
と怒りを込めて叫ぶのですが…。

先日、彼女がトイレに入っているとき、
「ちょっと!!トイレくらい一人で行かせなさい!
放っといて!!」


と、全く私と同じ口調で、妹に叫んでいる彼女の声が!


お、コレはチャ~ンス!、
邪魔される気持ちを分からせてやれ!!!と、

私もいそいそすり寄り、
「ねえねえ。それでさ~」

と、嫌がらせに話しかけました。


ら。


「あっち行って~~~!!」と怒るかと思いきや、


「なになに?それでって?」


と、話にのって来るので、

こりゃだめだ。やっぱ、こっちがヤダ。
トイレに(長時間)入ってる人と話すなんて~。

と思い、「なんでもない」と言ってさっさと退散しました。

それでも、遠くから
「ママ~~~!!!それで何~~~????」

と叫び続ける声が…。
一体、どこまでおしゃべりなんだ???


☆<み~さ著・好評発売中!>
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html

お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html