フランス語会話901-1000



Coucou!み~さです。


Je me sens seul(e)...
(ジュ ム ソン スゥル)

→一人ぼっちな気がする…。


忙しくて、なかなか会えない彼(女)などに、敢えてすねてみる時に♪

もちろん、彼がその場にいるのに、サッカーばかり見て、
ゲームばかりして、自分に注意を向けてくれない!
なんて時にも、使用可。
(子供の二の次にされている気がするパパもどうぞ♪)

---
Je →私
me sens →動詞se sentir<自分を~だと感じる>の第1人称単数現在形
seul(e) →ひとりきりの、孤独な


---
PS.

今年の初めあたりから、仲良くしていた娘の彼(テオくん)ですが…。

先週末、食事中、夫に、
「あたし、もう、テオの彼女じゃないの!」
と、いきなり切り出していました。

「テオは、サーシャ(他の女の子)も、彼女だって言うの!
だから、私は、セフィディン(←私にはこう聞こえる)を、彼にすることにした!」

だそうです。

夫、「それはいい考えだ!そんな、中途半端な男は、やめてしまえ!
もう、そんな風な態度をとらせるな!!!!」

だそうです…。


「そうだね。いろいろあるね。お友達の間では…。」
とか、そういう、生ゆるいアドバイスは存在しないのか?


う~ん、こうして、フラ女は作られていくのか~。
と、またもや納得した私ですが、

しかし、この話、私にはしてくれなかったんです!!!
やはり、フランス語で話したい話題&ムードなのでしょう…。笑?涙?!←もうよくわからんっ!!


PS2.
み~さのブログ、相互リンク、募集中です♪

ライブドアブログ(このブログ!)
http://blog.livedoor.jp/misayamag/

アメーバブログ(←NEW!!)
http://ameblo.jp/miisa12/

※↑内容は今のところ、ほとんど同じです。


どちらのブログとの相互リンクがよいかをご明記の上、
メールいただけましたらと思います♪

→ info☆miisa12.com

こちらまで!(☆を@に)

宜しくお願い致します~~。


---
☆「こんなの欲しかった~!」好評発売中♪

フランスに観光に行く時、ちょっとはフランス語が話したい!
そんなあなたに、み~さが新しく、観光フランス語教材を作成しました~。

「み~さのパリでカンコ~♪」(PDFファイル、iPod/MP3プレーヤー対応)
詳しくはこちらをクリック。

http://www.miisa12.com/rac/kanko.html




旅行会話集を買ってみたものの、結局覚えず、
現地に持っていっても開きもしなかった~。

よくあるこんな事にならないよう、次回の旅は、要所要所でフランス語をぜひ♪

家で職場で(?)、電車の中で、歩きながら、いるだけでいい退屈な会議中…。
など、隙間時間に活用していただける仕様になっています。


11月25日(水)まで、メルマガ読者さま、限定特別価格です♪
是非、ご覧下さい~。



「み~さのパリでカンコ~♪」(PDFファイル、iPod/MP3プレーヤー対応)
http://www.miisa12.com/rac/kanko.html


(↑お試し版もあります。こちらから~)


Coucou!み~さです。

今週は、愛の言葉その6,7?(←もうわからん)。寂しいときに使えるセリフ♪


Je veux bien avoir de tes nouvelles.
(ジュ ヴ ビヤン アヴォワーr ドゥ テ ヌーヴェル)

→近況が知りたいな。


最近、連絡をくれない、という彼(女)に、ニュートラルな感じで♪
メールや手紙などで伝えます。

もちろん、友達にも使えます。

---
Je →私
veux →動詞vouloir<~したい>の第1人称単数現在形
bien →よく
avoir →もつ、手に入れる

de →vouloir de~ で、~を欲しがる。
tes →君の(複数形)
nouvelles →近況、消息(多くは複数形で)


---
PS.
初夏に蒔いてしまって、真夏に実をつけず、9月にミドリの実が、
涼しい風にふかれている~。
(↓参照
http://archive.mag2.com/0000142343/20090907083000000.html )

というトマトですが、

程よい大きさになりましたが、ミドリのまま。ますます寒くなり、
(友人宅などでは、「トマト?とっくに終わってるでしょ?」と言われた。)
もうダメ?と思っていたら、ちょっとオレンジになりました。

マイアミから帰ってきたら、トマトの苗自体は枯れてしまったのに、
実だけは、幾つかオレンジに変身していました~~~!

真っ赤でおいしそう、では全然ないですが、
せっかくなので、食べてみました。
ら。

結構おいしかったです。甘くて。
(意外にいけるんだ~!と、調子に乗ってミドリのも食したが、それはまずかった)


娘ももちろん大喜び♪
これは、誰にあげる~。これは、誰に~。と、興奮していました。
(誰もいらないって。)


「意外と、食べれるものだね!おいしいね!よかったね!」
と、やや大げさに、夫に言ったら、
「パリの公害ガス、いっぱい吸ってるけどね!」

だそうです♪
わかってるわい~~!!

(しかし、ほとんど条件反射のような、フランス人的返答じゃ。)



PS2.(←ゲーム機ではない)

【お知らせ!!】

み~さの新教材!
11月25日(水)まで、メルマガ読者さま、限定特別価格です♪

ご登録はこちらから
→ http://archive.mag2.com/0000142343/index.html 


Coucou!み~さです。


Allez! On va faire une montagne!
(アレ オン ヴァ フェーr ユヌ モンターニュ)

→ねえ、お山つくろうよ!


砂浜に行くと、自動的に山や、沼などを作り始める娘。
そうプログラムされているロボットのようです。

もうちょっと年齢が上がると、フランス人はお城を作るようです。
スーパーで売っている砂場セットにも、お城の部品(?)の型セットがあるし、
砂浜を歩くと、たまに、すご~~~く立派な砂の城が、
残されていることがあります。(日本の城は、難しくて作れないと思う…)


---
Allez! →さあ
On →我々 の口語形
va →動詞aller<行く>の第3人称単数現在形
ここでは、近い未来を表すために使用。

faire →作る
une →ひとつの
montagne →山


---
PS.
【お知らせ!!】

フランスに観光に行く時、ちょっとはフランス語が話したい!
そんなあなたに、み~さが新しく、観光フランス語教材を作成しました~。

「み~さのパリでカンコ~♪」(PDFファイル、iPod/MP3プレーヤー対応)
詳しくはこちらをクリック。

http://www.miisa12.com/rac/kanko.html




旅行会話集を買ってみたものの、結局覚えず、
現地に持っていっても開きもしなかった~。

よくあるこんな事にならないよう、次回の旅は、要所要所でフランス語をぜひ♪

家で職場で(?)、電車の中で、歩きながら、いるだけでいい退屈な会議中…。
など、隙間時間に活用していただける仕様になっています。


11月25日(水)まで、メルマガ読者さま、限定特別価格です♪
是非、ご覧下さい~。



「み~さのパリでカンコ~♪」(PDFファイル、iPod/MP3プレーヤー対応)
http://www.miisa12.com/rac/kanko.html


(↑お試し版もあります。こちらから~)



PS2.
マイアミ編。最後。

行きも帰りも、エールフランスのチケットを取ったのですが、

行きは、搭乗直前になって、機長がじきじきに、
「私はこの飛行機には乗りません。ある場所の充分な整備がされていないから!」
と、アナウンスするではありませんか…。

「これは、直らない。代わりの飛行機が見つかるまで、飛べません。
それは、3時間後になるか、明日になるか、誰にも分かりません!」

え~~っ?!


「今日は、家に帰る羽目になるに決まってる!」と、激しく悲観的な夫に、
「大丈夫だよ~。」と、根拠のない慰めの私。


と、待っていたら、20分後に、「C'est bon.(もう大丈夫です)」
と、搭乗が始まりました…。なんやそら~~。



帰りの便は、空港に着いたら、出発時間が、勝手に1時間ほど、早くなっている。
??。ありえん!!

しかも、異様に長い列だったので、その理由を訊きに行ったら、
前日の同じ便が欠航した。とのこと。昨日の人たちも来ている?

しばらく待ちましたが、列が全然動かないので、イライラして、
「どうなってるんですか?」と、また訊きに行ったら、
「今日の便はキャンセルです。ヨーロッパ方面に行きたい人は、別の航空会社に
変更して下さい」

はあ~~っ?


何のアナウンスもなく、みんなひたすら並んでるんですけど…。


とりあえず、周りの人に、「キャンセルらしいですよ」といって、
チケット変更のための窓口に。
まあ、そこからも「キャンセルだ!」「いや違う!」など、長かったのですが、
結局、英国便に落ち着きました。


翌朝、パリにつく予定が、結局、夜。
疲れました~~~。(せっかくバカンスで休んだのにっ!)


て話を、その辺に詳しい人にしたら、
マイアミ関連のエールフランスが予定通りに飛ばないのは、普通らしい。

もし、ちゃんと予定通りに飛んだとしたら、それは、
「Air Chance」というらしいです。(←Air Franceとかけているフランス風ギャグ。あはは。)



そりでは、Bon week-end!!

Coucou!み~さです。


Je suis le mec le plus blanc de la plage!
(ジュ スィ ル メック ル プリュ ブロン ドゥ ラ プラージュ)

→僕が、ビーチで一番白い男だ!


夏のバカンスになると、夫が必ずいう言葉。

一般に、フランスでは、バカンスで焼けるのが、カッコイイ!
という決まり(?)があるのですが…。


夫は、日に当たると焼けずに、赤くなる肌タイプ。
ちょっと油断すると、すぐに焦げて痛くなり、いろいろ面倒です。
ので、気をつけて、指数の高い日焼け止めを塗ると、白いままなので、
それはそれで、やはり不満タラ~。

ちょっと赤い?くらいで、「焼けたじゃない~!」と、大げさに言うのが
楽しいバカンスのコツ♪

---
Je →私
suis →動詞etre<~である>の第1人称単数現在形
le →定冠詞(男性形)
mec →男、奴

le plus →最も
blanc →白い

de →で
la →定冠詞(女性形)
plage →砂浜


---
PS.
【お知らせ!!】

フランスに観光に行く時、ちょっとはフランス語が話したい!
そんなあなたに、み~さが新しく、観光フランス語教材を作成しました~。

「み~さのパリでカンコ~♪」(PDFファイル、iPod/MP3プレーヤー対応)
詳しくはこちらをクリック。

http://www.miisa12.com/rac/kanko.html




旅行会話集を買ってみたものの、結局覚えず、
現地に持っていっても開きもしなかった~。

よくあるこんな事にならないよう、次回の旅は、要所要所でフランス語をぜひ♪

家で職場で(?)、電車の中で、歩きながら、いるだけでいい退屈な会議中…。
など、隙間時間に活用していただける仕様になっています。


11月25日(水)まで、メルマガ読者さま、限定特別価格です♪
是非、ご覧下さい~。



「み~さのパリでカンコ~♪」(PDFファイル、iPod/MP3プレーヤー対応)
http://www.miisa12.com/rac/kanko.html


(↑お試し版もあります。こちらから~)



PS2.
マイアミには、いろいろな海岸がありました。

その中でも、自然豊かな地区に行った時は、動物がたくさんいました。
アライグマやリス、イグアナなど。

リスが可愛かったので、近くに来て欲しい!と、多分いけないんだろが…、と思いつつ、
パンをひとかけら、娘に持たせました。
彼女の差し出すパンにリスはなかなかやってきません。(当たり前か)

あきらめて去り際、私がパンを小さくちぎってなんとなく、ポン。と、投げたら、
どわ~~~。と、リスでなくて、いきなり、トキ(←多分。夫説)がやってきました。


鳩が寄ってくるのは慣れていますが、とんがったくちばしのでかいとりたちが、
幾つもわさわさ集まってきたので、恐ろしかったです。

もちろん、何もやらずに、逃げるように立ち去りましたが、
なんかしつこくついてくる~。

地面に穴を掘りつつ、ミミズなどを食べつつ、こっちにジワジワ近付いてくる~。

自然は恐ろしい!と思いました。(←アホなツーリスト)




Coucou!み~さです。


C'est notre cantine.
(セ ノートr コンティンヌ)

→そこ、私たちの食堂ですよ。


マイアミ在住のフランス人と話す機会があったのですが、
お薦めレストランを教えてくれた時に、こう言っていました。

いきつけのお店。という意味。


でも、どうやって行くのか訊いたら、いまいち要領を得ない。なぜなら、
「普段は船(自分たちのヨット)で行くから、車ではどう行くのかしら??」
だそうな。シック~~。


---
C'est →それは~である
notre →私たちの
cantine →食堂


---
PS.
マイアミでは、あるフランス人宅を借りたのですが、
とっても綺麗で、快適なお家でした。
安心して住んでいたのですがある日…。


娘が、鉛筆削りが必要、というので、ありそうなところを探していました。
キッチンのいろいろ物が入っている引き出しを空けた瞬間!

ガサッ!


ご、ゴキブリがいたではありませんか~!!

フランスには、日本と違って、ちっこいゴキブリしかいません。
だから、10年以上も住んでるのかしら、と、今なら思ってしまいますが、
そこ、アメリカではもちろん、日本式のでかいゴキブリ。

あまりの突然さに、失神しそうになりました。


私は昔から、ゴキブリが苦手で、逃げ回っていたのですが、
母は、平気でバン!とつぶしていました。(祖母においては、素手で)

お母さんになったら、そのくらいできるのかしら?と、漠然と思っていましたが、
全然そんな事はありませんでした~。



夫に助けを求めましたが、なんだか悠長に、紙の切れ端なんかを手にしている~!
ちょっと疑問でしたが、彼を信じることに。
とお~~~くから、垣間見ていましたが、

「オッ!は、早い!!」

と、驚いているレベルではありませんか~~~。
そんなんでは、絶対に勝てない~~~~!!!


「そ、それ、飛ぶのよ~~~~~!!!!」

と叫んで、私は、寝室に隠れました…。
(フランスのゴキブリは飛ばない)



そんなんで、結局、取り逃がした夫。もういないよ!大丈夫。と言う。
とても信じられません。

その後、「もう、パリに帰りたい…」と思いながら、恐る恐る、洗濯をするために、
キッチンの横の洗濯室に入りました。が、
やはり、そこに、いた~~~~~~!!!涙。

「T'as pas de chance!(ついてないね!)」という夫。
そう、それは必ず、弱者のところに現れる…。


娘も、「ほら、あそこ!」「そこだ!」と、夫を手伝いつつ、
夫は、つぶすのはイヤだったみたいで、どこからか殺虫剤を見つけて、
それで、退治したようです。あ~。


そんな近況を母にメールしたら、
「そんなものは、黙ってつぶしなさい」。と、一言だけ返事が…。涙。



---
☆「み~さの12秒フランス語」のちょっと発展版、メルマガ。
アルゴ(スラング)など満載「ず~び」。近日発行予定!
↓ご登録はこちらから
http://archive.mag2.com/0000148956/index.html