パリ発 生のフランス語会話
パリでバレエ

1030 どんな馬鹿なことやったんですか

Coucou ! み~さです。
今週 気になったフランス語!

Qu’est-ce que vous avez fait comme bêtise!
(ケス ク ヴザヴェ フェ コム ベティーズ)
→どんな馬鹿なことやったんですか!

近所のモノプリ(スーパー)の自動レジ(自分でピッと商品をスキャンして、横に商品を置いていき、最後にお金を払い、商品を持って帰る。監視の店員さんがとりあえず1人いる。スキャンが通らなかったり、機械が「不都合が生じました。係員を呼んでください」という表示を頻繁に出し点滅するので、この人引っぱりだこ)で、
いつものように、機械が意味不明な理由で点滅しました。
そして、係りの人がやってきて私にこう一言!!

ちょっと顔見知りの店員さんだったので、私に軽口を叩いたと判断しましたがそこまで近かった??
特別に機嫌がよかったんですかね?
ふと、「この店を選んだことかしら…」、とアンニュイに決めようかと思いましたが、
多分通じない!と思ったのでやめときました~!!


Qu’est-ce que~?→ 何を~ですか?
vous →あなた
avez fait →動詞<faire>~する、の第2人称複数複合過去形
comme →~として
bêtise →馬鹿なこと、愚かなこと、失敗

普通は疑問形ですが、ここでは、本当の質問ではないので、!を最後につけました。


PS.
再びパリも新型コロナ感染の第2波か!と本日より諸々制約が厳しくなっていますが、
先週より私の通っているダンススタジオも、このスタジオは何人まで、と人数制限をし、メールでの予約制となりました。
突然のことに、スタジオ側も管理にてんてこ舞い(死語?)だったようで、みんな真顔でピリピリピリ。

普段は20人は入っているオープンクラスが11人、という制限になったので、
予約解禁時間ぴったりにメールを送る、などこちらもピリピリしておりました。

ら。

予約OKのメールをもらい、喜んでスタジオにいきました!
選ばれた?他の人たちも笑顔が絶えない。明るい挨拶が交わされます。

と、バーレッスンが始まり、横目で人数を数えたら、なんと15人いました。シーン。

(翌日は同じ条件で、8人だったそうです。締め切り早すぎやん?先生、怒り心頭。)