フランス語会話901-1000

Coucou! み~さです♪

7歳児のフランス語!最終回!!


Tu l'as mise ou ?
(テュ ラ ミーズゥ)

→それどこに置いたの?


特に子供だから!という特徴的なフレーズではないのですが、

当たり前のように、「mise」と、過去分詞が女性形になっていた事に、
おお、こんなことまで耳から覚える?
と感動しました。


「複合過去形において、直接補語が人称代名詞で動詞の前方にある場合、
過去分詞はその人称代名詞の性数に一致する!」

…。

要は、このフレーズでは、「それ=l'」が、実は「la(女性形)」で、
それゆえ、mettreの過去分詞「mis」の語尾に「e」が付いて
女性形になっている。ということ。

「それ=la」は、 la photo(写真)とか、la bouteille(ボトル)
などの女性名詞を指します。


ということは…、
しゃべりながら、「それ」にあたる名詞の男女を瞬時に識別して、
misにするか、miseにするか、を決めて、話している。



娘は、学校でも文法的にはまだ習っていないと思うので、

自然に名詞に男女の区別を付けて冠詞が付けられるように、
こんなことまで、感覚的に身についているようです。いいなあ~~~。





と書いて、思いこみで情報を公開するとまずいので、
上の娘に確認してみました。


ら。

「うん。一つの時は、ミ(mis)で、二つ以上だとミーズ(mise)だよ。」


だそうで…。シーン。



勝手に規則作るな~~~っ!



---
Tu →君
l'=la → それ(人称代名詞直接目的語第三人称女性形)←何語?

as mis(e) →動詞mettre <~を置く>の第二人称単数複合過去形
ou →どこ

---
アクソンなど、文字化けするので付けていません。
→ou のuに、アクソングラーヴ(右下がりのアクソン)が付きます♪


---
PS.
先週は、突然の紹介にも関わらず、
バレンタインレポ、たくさんの方にダウンロードしていただきました!


やはり、愛の表現は気になるところですね!
(わたくし自身の使用頻度は減ってきてはおりますが…)


まだ見てない!という方、是非、ご覧あれ~!
http://miisa12.com/rac/valentin.html



ちなみにうちはバレンタイン当日、
「普段は料理などしたことのない夫が、夕食にカモ料理を作ってくれる」
という趣向だったのですが、

忙しそうなので、買い物は私がしてあげました。(優しい)
(片付けもご自分で!と一応お願いしてあった。)


そして、早めに仕事から帰ってきた夫は、頭痛で倒れこみ、

「5分で起きる…(ヨロヨロ~~)。」となんと2時間爆睡。

結局、私が、「カモのハチミツソース付」を作る羽目になりました。
ちぇちぇちぇ!!!(ただ焼くだけですが)


しかも、まさに出来た瞬間、治ったようで「ゴメン」と起きてきました。
キ~~~ッ!


そんなにストレスだったのでしょうか???



---
☆メルマガ「み~さの12秒フランス語」ご登録・アドレス変更、バックナンバーは
http://archive.mag2.com/0000142343/index.html

フラ語友達にも、是非、ご紹介下さい♪




☆<み~さ著・好評発売中!>
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html

お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html



Coucou!み~さです♪

引き続き7歳児のフランス語~。3回目。


C'est mega bon!
(セ メギャ ボン)

→マジうま~っ!


冷静にいえば、C'est tres bon.(セ トれ ボン)
→とてもおいしい。

7歳も半分を超え、学校の友達が話している、
若者言葉(←年寄りの語彙)、というか、
やや大人びた流行りの話し方というか、

そんな仕草を見せるようになってきました。
パパと話している時など、身振りも大げさな
ただの若いフランス人。


日本人になると、ちょっと幼いというか、
シンプルな感じになるのですが…。

ずっと使い分けて、私の前では可愛い(と私が感じる)
子でいて欲しい…。


---
C'est~ →これは~である。
mega →すげ~(メガバイトなどのメガ)
bon →よい

tres→ とても

---
アクソンは文字化けするので付けていません。
→tres のe にアクソングラーヴ(右下がりのアクソン)
が付きます♪

---
PS.

上の娘、先日は、
「punaiseピュネーズ!※」

(※うそ~~!のように、驚きなどを示す。
元々は、ガビョウ、カメムシという意味。どんな単語じゃ)



と、巷では聞くけど、私も夫も使わない表現を
いきなり叫んだので、つい「は?ピュネーズ?」と、
突っ込んだら、

「へへ」
と、ちょっと恥ずかしそうに、肩をすくめていました。


家モードと学校モードの語彙が違うのが、
ポロッとばれてもた!、って感じでしょうか…。ドキ!


そのうち、「ウチのおばはん…、はっ、ゴメン、ママが…」
などと言われた場合、どう対処するか、今から準備しようと思います。

---
PS2.
メルマガを読んで下さっているpenさんが、
とっても詳しく、
「お風呂で読むフランス語」のレビューをしてくださいました!!

http://ameblo.jp/mlle-pen/entry-11420369823.html


写真もたくさん!


先日発売された、「単語帳」
そして、この記事から「フレーズ」の方のレビューにまで、
リンクをしていただいています。


よいところ、あんまりよくないところ、など、
詳しく書いてくださっているので、是非、

「どれどれ、一体どんな本?」

なんて、覗いていただけたら!と思います♪
↓こちらより
http://ameblo.jp/mlle-pen/entry-11420369823.html



---
☆メルマガ「み~さの12秒フランス語」ご登録・アドレス変更、バックナンバーは
http://archive.mag2.com/0000142343/index.html

フラ語友達にも、是非、ご紹介下さい♪




☆<み~さ著・好評発売中!>
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html

お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html




Coucou! み~さです♪

7歳児のフランス語!第2回。


Une piece de dix!
(ユヌ ピエス ドゥ ディス)

→10(サンチーム)の硬貨を一枚!(をくれ!)



フランスで、下品なので言ってはいけない!
と言われている言葉は、gros mots(グろも)といい、

詳しくはこちらより

http://archive.mag2.com/0000142343/20110722113000000.html


うちの、フランス方の家族は、
子供のしつけのために、このグロモを言うと、
10サンチーム払う。というシキタリ?になっているのですが、

誰かが(主に夫)が言うと、娘がこう叫びます。



先日、上の娘が、友達と遊んでいた時に、
「ママ~!○○がグロモを叫ぶんだよ!!」

と、言いつけに来たのですが、

ち、面倒な。子供同士で解決してよ!
と思いつつ、「なんて言ったの?」
と聞くと、元々発してはいけない言葉なので、

「あれ」とか「ほら」とか要領を得ない。


いいからちゃんと言いなさいよ!と無理やり言わせる親も
なんだかなと思いますが、
別に、私と日本語を話している時はそれ外国語だし!!(ダメ?)


最終的にごく小さい声でその言葉をポロッと囁きましたが、
「ねえ、これでも10サンチームあげなきゃダメ?」


と、寂しそうにに私の顔を見上げておりました。ぶっ。


モラルというより、お金(しかも12円くらい?)か~!
ま、硬貨、いや、効果はあるようです…。

---
Une →一つの
piece →コイン 硬貨
de →~の
dix →10
(10コインといえばサンチームしかないので、単位は省略)

---
※アクソンなどは文字化けするので、省略しています。
pieceの一つ目のeにアクソングラーヴ(右下がりのアクソン)
が付きます♪

---
PS.
あれ、12秒フランス語の本文が、PSのように、
長くなっていました。

寒さで、頭がいかれているのでしょうか?(人の所為)


10日ほど前の週末、たくさん雪が降りました。
パリにしてはまあ、珍しいので、
子供たちは、大喜びでした。

スクーターで仕事に行った夫は、途中で帰ってこれなくなり、
(暴れ馬のように、右に行ったり、左に行ったり、操作不能だったらしい。くく。)
身も心も?アイスマンのようになり、徒歩でたどり着きました。



でも、一番つもったのは日曜日だったので、
出かけない、と決めれば、真っ白で綺麗だし、

アパートの中庭で、雪だるまを作り、
退屈な日曜日の一活動になったのでよかったです。

しかし、さみ~~!

neige2


珍しく真っ白でした~。スケート中?

neige1


人生二度目の雪だるまを作った上の娘、と
たぶん何も覚えていない下の娘。

翌日見に行ったら、このちょうど真ん中に、
三個目の雪だるまが出来てきました~。


(※今週のパリは、寒さは和らいでいます♪)


---
☆メルマガ「み~さの12秒フランス語」ご登録・アドレス変更、バックナンバーは
http://archive.mag2.com/0000142343/index.html
フラ語友達にも、是非、ご紹介下さい♪




☆<み~さ著・好評発売中!>
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html
お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html

Coucou!み~さです♪

時期的には時間がたっているのですが、号数で見ると「また?」といった感じ?
ではありますが、「7歳児のフランス語!」第一弾!


Premier senteur premier peteur!
(プるミエ ソントゥ―r プるミエ ぺトゥーr)

→初めに匂いを感じた人が、(初めに)おならをした人だ!



犯人は火事場に戻る。と似たようなもん?


車で、牧場の近くを通った時などに、
ぷう~ん。と匂うことがありますが、

毎回、(面白いと思っているらしい)夫、「あ~また!」
と、上の娘の所為にします。


初めは、「私じゃない~!ぎゃ~~~!!」と騒いでいた娘ですが、
最近では、こうやって、切り返しています。さすが7歳児?

何度も「あ~、また!」と夫がしつこいのですが、娘も負けず、
このセリフを狂ったように(私が覚えてしまうほど)繰り返します…。


違う国の人たちだ!と感じる瞬間?


---
premier →初めの
senteur →匂いを感じた人(動詞sentir匂いを感じる、から)
peteur →おならをした人(動詞peterおならをする、から)


---
PS.
3か月ほど前に発売された、み~さの著作第二弾!

お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html

ですが、おかげさまでご好評いただいております♪


単語の選択や解説など、試験準備単語集とは全く違う、
日常生活にバッチリ近く、さらに、フランス人の生活にも
一歩踏み込んだ単語帳になっております。


大変、個人的な意見で恐縮なのですが、
前作のフレーズより、使えるかも~。

でも、単語帳というと一個一個、
苦しみながら覚えなあかんと、地味なイメージ?



と、悶々としていたところ、
こんなブログ記事を見つけました。
(友達なのですが、書いたよ!との連絡もなく、
最近どうしてるかな?と、たまたま覗いたところ見つけました…)


そうそう、こんな風に役立ててもらいたかったの!!!!
と、ちょっと感動してしまったので、ご紹介させてくださいませ~。

コチラより

http://ameblo.jp/mojaparis/entry-11424670030.html

記事のリンクからもそのまま、アマゾンのサイトにいけます。
そこでも、画像やなかみ検索などで内容が見られますので是非、
ホントかね~?と覗いてみてください♪




PS2.
夕食中、突然、下の子(2歳)が私を指さし、
「まま、いじわる」

と言いました。

は?
なんで??

と、聞いても、質問の意味は理解しないかのように無視。


じゃあ、「パパは?」

と聞いたら、
「パパ、やさしい」

はあ?!
どういうこっちゃい~~っ!!!!!


と、問い詰めたら、「ママ、コワイ」
と言われ、逆効果でした。


その割に、30分後には、疲れて眠いので、
パパが抱っこしようとしたら暴れ、私にのみ
ひっついてきました。ひひ。



翌日、託児所から帰った下の子、3人いるクラス担当の
保母さんについて、
「ソフィー、やさしい」「サンドラ、やさしい」
と言い始め、
「ジェニファー、いじわる」

というので、普段優しそうな人なのに、陰ではもしや?!と、
一瞬はッとしましたが、
「何か怒られたの?でも普段は優しいでしょ?」

と聞くと、「いじわる!」の繰り返し…。え~、どうする?


「じゃ、ママは?」
と優しく聞くと、

「いじわる!!!!」ということで。ちっ。


とりあえず騒がず、様子を見る事にします…。


---
☆メルマガ「み~さの12秒フランス語」ご登録・アドレス変更、バックナンバーは
http://archive.mag2.com/0000142343/index.html
フラ語友達にも、是非、ご紹介下さい♪




☆<み~さ著・好評発売中!>
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html
お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html


Coucou!み~さです♪


Bonne annee, bonne sante!
(ボナネ ボンヌ ソンテ)

→よい一年、健康を!


明けましておめでとう!のように、
簡単にする新年の挨拶の一つ。


先日、何度か顔を見たことのある、配達の人に、
ボナネ!だけ、簡単に言ってみたら、

向こうから、「エ(etそれから) ボンヌ ソンテ!」と、
にっこりと付けくわえてくれたのが、なんとなく寛容な大人の振る舞い!!


と思ったので、その後自分も真似しています。
(ま、私がやっても特に大人っぽくはないですが)


---
bonne →よい、bonの女性形
annee f.→年
sante f.→健康


アクソンなど、文字化けするので付けていません。
anneeの始めのeと、santeのeに、アクソンテギュー
(左下がりのアクソン)が付きます。

---
PS.
メリークリスマス!とメルマガを送ろう!
と思いつつ、結局、時間が取れずに、
年を越してしまいました~。
(しかも、今頃新年のあいさつ?!)

本当に細々と続けておりますが、
本年もよろしくお願いいたします♪



先日のクリスマスは、ちょっと頑張って、
ビュッシュ ドゥ ノエル(la buche de Noel)
→クリスマスに食される薪の形のケーキ

を作ることにしました。



ここ数年、デザート担当の私たち、ちょっと見栄を張って、
気のきいたケーキ屋さんでビュッシュを買ってみると、
筒型の美しいケーキではあるのですが、
ものすごく高い!(そして、値段ほどの感動はない)


元々は、ロールケーキに(木の?)デコレーションをしたような
ケーキなので、
元がロールケーキだったら、あたしにもできるのでは?(安く)

それに、こっちの怪しいパサパサ?ロールケーキ(roule)
に対抗して、日本風しっとりふわ~な、ロールケーキを自慢しよう!
と、また、単に見栄を張って、作る。と言ってしまいました。
(ま、買った方が喜ばれるような気もしますが)



という訳で、数週間前から、レシピ本やネットなどで、
デコレーションの研究を始めました。
(中は、クックパッド出身のフルーツロールケーキ)


結局、真っ白基調で、銀タイプのキラキラ小飾りを付ける、
という、シンプルなものに決めたのですが、

それでも、メレンゲやクリームのタイプを代えて、
いろいろ試作試食してみたり、私にしては、異常なこだわり様。


わざわざお菓子の専門店に出向いたり、お菓子専門家の友達に
アドバイスを求めたり、

そして、前日に焼いたスポンジが、こういう時に限って、
ふくらみがたらん!!と、迷った挙句、夜中に焼き直したり…。


ちょっと気合い入れすぎでは?


と、結局、まあ、客観的には大したことありませんが、
私なりには、満足な出来になりました。



最後に、チョコレート屋さんで、繊細なホワイトチョコを買って、
キラキラをまぶし、飾り付けの仕上げをしました。
同時に、ブラックとオレンジの陽気なチョコも買って、
「ロールケーキが苦手な人には、こちらを勧めよう」


と、オーガナイズもばっちり!!!


そして、夕方、当日のパーティ会場である、義母の家に到着しました。
「おお!素敵!!」と、大げさに悲鳴を上げる義母は、
「楽しみね!」と、そうっと冷蔵庫にしまってくださいました。



そして、夕食、(透明)サンタさん登場!などが終わり、
いよいよ、ビュッシュよ~~~!!!

と、いう声に、食卓に戻ってみると…。



私の、可憐な真っ白なビュッシュの上に、
なぜか、グサグサ!と、黒やオレンジのチョコレートがささり、
なんか陽気なデコのケーキが。


きゃ~~~!!!!!!




何か起こるとは思っていたが、こういう手できたか~~~っ。


一瞬、目玉が飛び出てから、私と目を合わさないようにしている夫。
「この場は、私の芸術を披露するのではなく、家族で楽しむところ(義理だけど)」

と、何度もいい聞かせ、


「素敵ね~~!!写真撮ったら?!」

という声には、「結構です…」と乾いた声で答える程度で
大人の振る舞いをしていましたが、
(子供がいなければ、ケーキを壁に投げつけて、家に帰りたい)


ぐしゃっと、ケーキをつぶすように切り分けている義兄の手を止めて、
優しくキコキコとケーキを私が切り出したのには、
静かにみなさん、驚いたことと思います。
(自分も驚いたが、もうどうでもいい気分)






悪気はないと思うのですが、
どうして、こういう、不思議イニシアティブを
フランス人はとるのでしょうか???
私も悪気のない振りをして、なにかお返しをしようと思います。


---
☆メルマガ「み~さの12秒フランス語」ご登録・アドレス変更、バックナンバーは
http://archive.mag2.com/0000142343/index.html
フラ語友達にも、是非、ご紹介下さい♪




☆<み~さ著・好評発売中!>
お風呂で読むフランス語[会話フレーズ](学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro.html
お風呂で読むフランス語・単語帳(学研教育出版)
http://miisa12.com/rac/ohuro2.html